インド インド ㉖

お正月あたりに㉕を書いて、、、おもわず脱線。。

もうあと少しなのに、、なぜか脱線。。

しかしやっと書こうという気持ちになったので、続きを書こう。。。


埃っぽい道を、アグラから、やっとクルジャのビレッジまで帰ってきた。。

途中休憩もなしに帰ってきたので、、もうおなかが空いているのかなんだかよくわからないけれど、、今日はすぐ下の弟の家でご飯の準備がしてあるらしい。。

山ほど、いろんなものがでたが、、もう疲れでよく覚えていない。。

日本なら、この後お風呂な感じだが、、ここはインドでさらにビレッジ。。もう、あとはベットに倒れこむしかない。。
私たちの部屋に帰って、、さあ、、着替えて寝ようと思ったら、また甥っ子と一番下の弟がソファーに座り込んで、、くつろぎ始めた。。
お願いだから、、早く出ていってほしい。。のに、、ゆっくりジンジャーティーを飲みながらくつろいでいる。。
相方はもうすでにベットに横たわっていつでも寝れる体制。。

私は着替えたいし、できたら、、シャワーは夜で無理なので、、身体をタオルで拭いてから寝たい。。
でも、いつまでも寛いでいる二人。。
さすがに、やっと相方がもう電気を消したいから、、出ていってくれないか。。といって、やっと各自の部屋へ戻っていった。。
親族っていうか村の人たちは本当に優しくてハートがあったかいんだが、、まったく境界線がないっていうのか。。。まあ、たまに来る外人それも女性っていうのは興味しんしんなのだろう。。

もうあとは、よく覚えてないけれど、、翌朝、、7時にはいい加減起きろー!と起こされる。。

スリーラ、、ご飯食べる?とキッチンのあるテラスへ。。

こんなに早く起きたからって、、とくに用事があるわけでもなく、、ぼーっと朝ごはんのアルパラタを食べ、キールを食べているとやっぱり今日も来客が続々とやってくる。。

いったい、、今日はどんな予定なんだろう。。
時間があったら今日こそ、デリーで買い物したいなあ、、、
そんな思いは、、チリと消え、、時間がゆるやかに過ぎていく。。
野良犬が眠いのだろう。。。門扉をあけて、まるで飼い犬であったかのように敷地の日陰で昼寝を始める。。


スリーラ!もう明日からディワリのお祭りなんだよ!どうして、ディワリ前に帰っちゃうの?とかいわれながら、、ディワリで使う花火や爆竹をみせてくれる。。
ディワリになるともっと親戚が帰ってくるから、、みんなスリーラに会いたがっているよ!と。。

7人兄弟の長男な相方、、今回は弟たちと一番下の妹家族だけに会ったので、、みんなに会って帰れといってるのである。

やっとお昼過ぎ、、みんな動き出した。。

そう、、デリーに向けて帰るのだ。。

スーツケースを車に積み込み始めると、、今度はママが大声で泣き始めた。。。
私のかわいい息子が遠い日本に行ってしまう。。私はもう老人でいつ何時、死んでしまうかわからないのに、、息子は遠い遠い日本にいってしまう。。。と、、おいおいと泣き始めてしまった。。

大丈夫、、大丈夫。。、また、すぐ帰ってくるよ!と相方がなだめて。。やっと落ち着く。。

今度こそ、、、ゆったり車に乗れるよね!!と思いきや、、またまた親友ラビが、、空港までついてくるってことで、、思わず。。。

OMG!と口をついて出る私。。。

妹のダルシャンが、、スリーラ!そんなこと言っちゃだめよ!しっ!大兄の大事な大事な親友なのよ!!と。。。。

そして、また、、真ん中は私っていうどこまでいってもつかれる5人乗りなのであった。。。







インド インド ㉕

やっと、アグラについた。。。

駐車場に車を停めて、出てくると、もうすごい勢いで物売りの少年たちが取り囲む。。

そんなとき、やっとこの相方の親友ラビ、、寝るとき以外はずーっと一緒に行動している彼が仕事柄いろんなことが詳しいらしく、、取り巻く少年たちをうまくかわしガイドのライセンスを首からかけてるスタッフを探し、さっとカートを呼び、ゲートまで難なくスムーズに行けた。。

さらには、ゲートでも並ばずにチケットが買え、そして外国人通路から全員、ガイドと一緒に進んでレッドゲートまで、、長蛇のインド人の列を横目に進み、、さらには私っていう外国人が一人いるだけで、、ぐるぐる順路の通路を通ることなく、タージマハールの建物内に入ることができるんだけれど、そんなとき、ガイドよりもさらにこのラビがテキパキと采配をふるう。。。
すごい!5人で来たかいがあった。。!




















そして、ガイドが英語で説明しようか?と言ってくれているのに、、いやヒンディ語で、、てことで相方が私にトランスレートするからってことで、ガイドの説明が始まったにもかかわらず、、、たいして歴史的建築物の七不思議や歴史的ストーリーなど、興味のない相方。。。。

ぜんぜん通訳してくれない、、。。

そして、いちばんそんなことに興味があった私に、ガイドのオジサンは、、熱く熱くヒンディ語で語ってくれるんだけれど、、早口すぎるのとほとんどヒンディ語のわからない私。。。。

なんとなくわかっているだけでも私ってすごい!って思ったりして、。。。笑w

そして、この美しく緻密に計算しつくして作られたタージマハールのゲートをでたら、、やっぱりすごい勢いで物売りの少年たちがやってくる。。なかには5歳くらいの小さな男の子までいたりする。。

すると先ほどのガイドがあなたにはここをみてほしい。。と連れて行かれたのは、、ミュージアムと書かれた石細工やジュエリー、サリーなどを置いているお店。。。

妹のダルシャンと私は、見るだけだから、、、と中に入る。。
それは、それはすてきなものばかり。。ここは、外国人用のお土産物屋さんなんだろうか。。。

すてきだなあーーちょっと、たしかに外国人観光客相手でお値段ははるが、見やすいし、きれいし、魅力的なものばかり、、ダルシャンがスリーラ、、すてきなサリーもあるわ!なんて話していたら、、ここは高いしぼったくるからダメだよ!!とラビと弟が飛んできた。。。

ああ、、すてきな大理石細工の小箱。。。お土産に欲しいなあ~と思ったが、、、結局、、買い物はできなかった。。。

買い物したいときは女子だけがいいかも、、、ていうのは万国共通かもしれない。。。・・

そしてまた、、、弟の運転で、、ほぼどこにも寄らず、、しかし道をまた間違えながら、、もう夜でもやっぱりクラクションはうるさく、、、3時間かけて帰って行くのだった。。。




インド インド ㉔

ようやっと、お昼過ぎ、、、じゃあ行こうかってことで動き出す。。

やっと、お出かけだ!

だって、次から次から、いろんな人がやってきては、お菓子とチャイをだし、おしゃべりし、、いったいいつまでこれが続くんだろうーーーーと、、なかば飽き飽きしてきた!

さあ!出かけよう!!
妹のところの甥っ子は今日は学校があるらしく、早朝スクーターで帰ったらしいので、、今度こそ、4人でお出かけだよねーーと思っていたら、、

相方の親友のラビも一緒に行こうってなって、、どこまでも日本では4人乗りのセダンに5人乗っていかなければ気が済まない様子。。

そして、身体が一番小さい私がやっぱりもちろん真ん中。。。

ついでにこのラビ。。なぜかずっと電話がかかってきたり電話をかけたり、、もう横でめっちゃ大声で、、いまからアグラに行くことになったからーーとか電話しまくっているのである。。

さらには、近いといっても3時間くらいはかかるアグラ、、タージマハールへの道は長い。。

インドの道は本当に面白くって、野良犬はいるは、子ザルが横切るは、もちろん野良牛が横たわったりしている。。
にもかかわらず、片側一車線の道、なぜか前方からは大型トラックが2台肩を並べて走ってくる。。

そのたび、クラクションを5回~7回くらい鳴らすので、ほとんどずっとクラクションが鳴っている道。。。
逆走している車やトラックもふつうにある、、。(;^_^

弟の運転の車はなぜか中央の白線の上を走り、、前方から車が来ているのが見えているのに、前の車をクラクションを鳴らし追い抜こうとする。。

そして、せっかく前方に道路掲示板があるにもかかわらず、見ていないので、道を間違え、そのつど止まり、後部座席のラビが大声で、アグラへはどっちの道だー?と道行く人に聞く。。

右折するにも、左折するにも、ウインカーを出すよりもクラクションをやっぱり5回~7回は鳴らすので、、だんだん、、やかましいわーーと叫びたくなる衝動を抑えながら、後部座席の真ん中でマスクをしている私。。

なんで5人なんだよ!とブータレていたら、対向車をみてびっくり!!
うちより、タイプ的にサイズの小さなセダンに10人乗っている!!!

構成は、、後部座席大人3人の膝の上に3人の小学生以上の子供。助手席に大人一人と二人の子供、そして、運転席一人。。

そんなこんなで、たぶん道に迷ったから、3時間以上かかってアグラにつく。。
5人でブータレていてはいけないのだ、、。

で、後部座席真ん中からだと、、ほんとうに写真とりにくい、、、

でもちょっと頑張ってみた。。




















クルジャからアグラまでの街やバザール、、

まるで、どこかのアジアン雑貨やさんのHPでみるような、、ネイティブな光景。。。



インド インド ㉓

翌朝は、、8時くらいにドアのノックの音で起こされる。。
みんなは、6時くらいには起きていたらしい。。。

ヘアのカギを開けると、弟と甥っ子、さらにはもう一人の弟の娘ちゃん、姪っ子まで入ってきて、弟と甥っ子はソファに座り、おはよう~といいながらくつろぎ始める。。

姪っ子は、まだベッドの中にいる私のそばに座り、おはよう♪いまから、どうする??
チャイがいい?それともライタ?と、、

もう、ビレッジのみんなはとってもハートがあったかくてやさしい。。

しかしながら、、ベットから起きてもまだ顔も洗っていない、歯も磨いていない、さらには着替えもしていないんだか、、目の前でくつろぐみんな、、、。。

どうしたものか。。。なかなかどこにも行きそうにない、、。。やっと、相方が起きだしてみなを部屋の外へ連れ出して、中庭のチェアに連れて行ってくれたので、その間にドアのカギを閉め、着替える。。シャワールームは外にあるので、歯ブラシとタオルを持ってシャワールームのある庭のほうに行くと、、もうすでに来客がその近くのチェアに座ってチャイを飲んでいる。。
ナマステと、、苦笑いしながら挨拶して、、かまわずシャワールームに駆け込む。。


一通り身支度をすますと、姪っ子がスリーラ!チャイはうちで飲んでね!と母屋の斜め前の次男宅へ引っ張っていかれ、そこでもいったい誰が誰なのかわからないけれど、、いろんな村の若者?がナマステとか言って入ってくる。。。

後でわかったことだけど、この若者の中にこの家の息子、甥っ子はおらず、彼はいまデリーの大学に在学中で帰宅していなかった。。。

姪っ子ちゃんに連れられていると、今度は母屋から違う甥っ子が呼びに来る。
道を歩くと近所の子供たちがジャパニだって!と言いながら好奇心ランランの目で見ている。

母屋に帰ると、、相方の親友ラビがもうすでにいて、、一緒に中庭でチャイをのみ、そうしているうちにキールが出てきて、、退屈そうにしている私を思ったのか、フィールドを見に行こうと歩き出す。。

わあ~どこかのインド雑貨やさんのHPにあるようなとってもネイティブなインド。。

フィールドでは豆を育てているところがあって、これはムング豆の苗、、これはチャナ、、そしてこれはブラックダールだよと教えてくれるけれど、、さっぱりわからない。。

ちなみに彼はべつにファーマーではなく、エンジニアで陶芸家なのだけれど、、。。

フィールドをうろうろした後はまた甥っ子が呼びに来てランチ。。

このランチ、、めっちゃくちゃ美味しい。。

しかし、、もしかして今日はこのままだらだらと来客の相手をしながら、終わってしまうんだろうか。。

ビレッジに行くならタージマハールに行こうって言ってたのは、、どうなったのだろう??
ふとそんなことを思うくらい、、のんびりと特に誰も何もせず中庭のチェアに座ってチャイ飲みながらおしゃべりして時間が過ぎるのだった。。。